アジサイの育て方!特徴や日常のお世話を確認しよう

アジサイ

ガーデニングのすすめ

お家に庭がある方は、ガーデニングを勧めます。もし庭を放置しているのであれば、とても勿体ないことをしています。手軽にガーデニングを始めるのであれば、初心者でも育てやすい植物を育てていくことで、楽しさを知ることができるでしょう。ここからは、ガーデニング初心者にもおすすめできるアジサイの育て方について見ていきましょう。

花

アジサイの特徴

アジサイは梅雨の時期に開花することで知られています。青やピンクなどのさまざまな色の花を咲かせる品種が存在しています。アジサイを上手く育てるためには、土の管理と水やりを怠らないことがポイントとなります。アジサイの花の色によって土のpHを変えてあげる必要があります。pHとは簡単に説明すると、アルカリ性か酸性かということです。

女の人

アジサイの苗植えに最適な時期

アジサイの苗植えに適切と言われているのは、3~4月の2か月間もしくは9月頃です。アジサイは苗の数が多く、一年中販売されていることも珍しくないので、簡単に手に入れることが可能です。鉢植えと地植えどちらにも対応しているので、庭がなくベランダで栽培することも可能です。植えることができたら次はお世話をしていきますが、夏は朝と夜の二回水をやります。夏以外は一日一回で大丈夫でしょう。また、肥料を使用することで、たくさん花を咲かせてくれるので、緩効性の肥料を使用するといいでしょう。

婦人

ガーデニングに慣れてきたら

アジサイの育て方を紹介してきましたが、ガーデニングに慣れてきて、植物を育てる楽しさを知ったら植木にもチャレンジしてみましょう。植木をするためには広い面積の庭が必要になります。広いということは、それだけ雑草が生えてきやすくなります。おすすめの雑草対策を比較していくので確認してください。

[PR]
庭の雑草対策なら業者へ
1坪なんと500円から♪

庭の雑草対策に適しているのはどっち?

砂利の雑草対策

砂利は昔から日本庭園なとで使用され馴染み深い雑草対策です。耐久性が高いという特徴があり、長い期間使用していくことが可能です。また、敷いてから数年間は雑草が生えてこないという高い雑草対策効果も期待できます。チップより初期費用がかかりますが、長期的な目で見るとコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

チップの雑草対策

チップを雑草対策として使用することで、庭を華やかにすることができます。洋風なガーデンにも、和風な庭にもあうデザイン性に優れた雑草対策です。また、砂利に比べると値段が安いので、初期費用を抑えることができます。ですが、使用してるうちに土に埋もれてしまったり、還ってしまうので、砂利ほど長期間使用することはできません。

草刈りでもOK

雑草対策をするのもいいですが、定期的に草刈りをして雑草対策をするのもいいでしょう。草刈り機などを使うことで効率的に草刈りをすることができます。

雑草の種類

  • スギナ
  • ナズナ
  • ハコベ
  • スズメノカタビラ
  • ハハコグサ
  • スベリヒュ
  • カタバミ
  • ヒルガオ
  • ヒメジョオン
  • ブタクサ

[PR]
庭に砂利を敷こう!
防犯効果あり◎

[PR]
優良草刈業者を見つけよう
24時間365日対応中♪

[PR]
アジサイの育て方を拝見
水やりやきちんと育つ内容を確認!