知っておくと得する庭の雑草対策を確認しよう

知っておくと得する庭の雑草対策を確認しよう

庭の手入れ

庭の雑草対策

放っておくと庭はいつの間にか雑草まみれになってしまいます。庭持ちのお家に住んでいる方にとって大事な庭の雑草対策問題です。そもそも雑草はどこからか飛来してきて、強い生命力と爆発的な繁殖力であっという間に増えていってしまいます。それを防ぐためには、さまざまな手があります。専門業者に依頼して施工してもらうものから、お手軽に対策できるものまで幅広い方法があります。ここから紹介していくので、自分達のお家の庭に合った雑草対策を行いましょう。まずは、雑草対策として有名な除草剤から紹介していきます。除草剤は撒くだけで多くの植物を枯らすことで知られています。ですが、除草剤は二つに分けることができ、特定の植物のみを枯らす選択性除草剤と、そうではない非選択性除草剤です。お手軽に使用できる雑草対策ですが、他の施策と比べると長期的な効果に期待できないので、あくまで一時的な対策として利用するようにしましょう。雑草が生えてくる度に除草剤を撒いていると、あまりコストパフォーマンスに優れていません。

庭

チップや砂利を敷く

ウッドチップを敷くことにより、雑草が生えてくるのを防ぐことが可能です。ウッドチップとバークチップという二つのチップがありますが、その違いは単純です。バークチップは樹皮を砕いたもので、ウッドチップは木材などを砕いたものと、原材料の違いで呼ばれ方が違います。雑草対策の効果としては特に違いがないので、どちらかを選ぶとなると色合いや質感が違うので、お庭に合った方を選ぶといいでしょう。より自然な雰囲気を出したいのであればバークチップを、より明るい雰囲気にしたいのであればウッドチップを選ぶようにしましょう。庭の雰囲気をよくしながら雑草対策が可能になるので、綺麗に見せたいと考えている方へ特におすすめすることができます。物理的に雑草を生えてこれなくしているので、高い雑草対策効果を期待することもできます。同じく砂利を敷くことで、雑草対策をすることが可能です。チップに比べると少し割高になってしまいますが、さまざまなメリットがあります。チップは長期間使用しているとだんだん土に埋まっていってしまいますが、砂利はあまり埋まりません。なので、長期間に渡って利用していくことができるでしょう。また、和風なお家の庭にマッチしており、落ち着いた雰囲気を演出することが可能です。

園芸用品

土やシートを使った対策

土を使うと聞くと、雑草が育つ環境を作ってしまうように感じてしまう方も多いと思います。ですが、今回紹介するのは水をかけると固まる土です。簡単に使用することができるコンクリートのようにイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。では、コンクリートと何が違うのかという疑問が出てきます。コンクリートはどうしても人工的な見た目になってしまい、自然な印象を与えることができません。ですが、水で固まる土であれば、庭の景観を壊すことなく雑草対策を行うことができます。綺麗に施工するためには、専門的な知識や道具が必要になるので、専門業者を利用した方がいいでしょう。水平を取る作業や、重い土を扱うことができるのであれば、自分で施工してもいいでしょう。防草シートは、庭の雑草対策のために作られた専用のシートとなります。除草シートと呼ばれることもあります。天然原料を使用したものであれば、長い年月をかけて自然に土へ還っていくことが可能です。防草シートのみを使用すると、不自然な見た目の庭になってしまうため、上に砂利やチップなどを敷くことをおすすめします。こちらは専門的な知識がなくとも簡単に利用することができます。

今回紹介した庭の雑草対策

  • 除草剤
  • チップ
  • 砂利
  • 水で固まる土
  • 防草シート